国民民主党本部での意見交換会

昨日は国民民主党の党本部で立憲民主党との統一会派についての意見交換会でした。

冒頭、玉木代表、平野幹事長から説明があり、各総支部長からそれぞれ意見が出されました。

自民党に対峙する大きなかたまりをつくるというのはもちろん大事だが、どのような社会を作るのか、そのためにどのような政策を掲げるのかも大事。

玉木代表も大義が大事と言われていたので、統一会派のスタートの時点で国民の皆様にシンプルな分かりやすいメッセージを発信してほしいと要望しました。

丁寧に説明をして、私たちの意見を聞いてくださった執行部の皆様に感謝しています。

意見交換会のあとは懇親会。活動の参考になる話がたくさん聞けて、刺激をもらいました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加